IDOL.Blog.jp

・・・・・・・・・5thワンマンライブ
『Tokyo in Picture』
2018年2月19日(月) @東京キネマ倶楽部
開場 18:00 / 開演 19:00

会場について


遡れば、1stワンマンは発表当時は無謀と言われた渋谷WWWでのTokyo in WWWだった。
それでも蓋を開けてみれば月曜の夜にも関わらず大盛況に終わる。
・・・・・・・・・1周年ワンマン『Tokyo in WWW』レポート

その1stワンマンから5ヶ月、久しぶりに大イベントが持ち込まれた。

5thワンマン発表の瞬間


ちなみに1stワンマン以降のワンマン会場のキャパを並べると以下のようになる。

1st 渋谷www 450人
2nd 新宿SAMURAI 150人
3rd 札幌Spiritual Lounge 180人
4th graf福岡 150人
5th 東京キネマ倶楽部 600人

1stをwwwでやったグループの2ndが150キャパ?となるが、これは2ndワンマンの発表がその4日前になされるという急遽のイベントだったため、ちょうど満員になるくらいで全員入れた。
3rd、4thに至っては、札幌、福岡と地縁のないところで行うことで結果としてちょうどいいキャパになっていた。
そして今回の5thはキネマ倶楽部。まさかの600キャパである。
いきなりのステップアップだ。

自分がここに初めて来たのはももいろクローバーZの七番勝負というイベントだった。当時横浜アリーナや西武ドームなどの大会場を経た後に体験したキネマ倶楽部は、「狭い!近い!」と感動したものだが、それにしてもこれまで地下のライブハウスで頑張ってきたドッツで来るには大きい。果てしなく大きい。
このハコ選びには運営の覚悟が見えた。

展示品について


Twitterで、事前に「開演前に来るように」「場内の展示物は撮影不可」というアナウンスがされる。
その予告に、TLは反応した。
公演のタイトルは『Tokyo in Picture』。
メンバーの顔写真が展示として飾られるのではないかと誰もが予想したのだ。
知ってる方も多いと思うが、ドッツは常に黒いメガネを掛けて素顔を隠している。
これは完全に徹底されており、今まで例外はない。
(ドッツ名義以外の個人活動は別)
駅からライブハウスに向かう道中でも必ず着用しているし、以前遠征先の飛行機でたまたま乗り合わせてしまった際も着用したまま搭乗していたのを見た。
それくらい大事に扱われてきたものなので、ファンとしてもそれを外すときにはそれなりの理由、それなりの物語を求めている。
それがあっけなく取り払われてしまうことに対する恐怖心が、ヲタクの心を波立たせていた。

結果、その予想は半分当たり、半分外れた。

展示されていたのは、5人のメンバーの肖像画だった。
入場すると、「fixed variables」と名付けられた150号(227.3 × 181 cm)の超大型のキャンパスに、素顔のままの5人の肖像が油絵で描かれていた。
『Picture』は日本語で『写真』というイメージが強いが、『絵画』という和訳も成り立つ。
完全に想像力がカタカナ英語に引きずられてしまっていた。

飾られていた油絵は、不思議だった。
誰もが見入った後、言葉を失う。
そこに描かれていた・ちゃんたちの肖像は、自分の想像した・ちゃんの素顔通りであったり、まったく別人に見えたり。
しかし、絵の目部分を隠して見てみると、普段見慣れた・ちゃんたちの顔と相違がないことがわかり、この絵の少女たちが極めて実物に近いものであることを確信させる。

続いて気になるのは、「こんな大掛かりなものをどうやって作ったのだろう」という疑問。
こんな大きな油絵がそう簡単に描けるものではないというのはまったくの素人でもわかる。
最近の画像処理技術は進化しているので、写真で撮ったものを油絵風のフィルタをかけて加工しているのではないだろうかとまず考える。
しかし、近づいてみるとどう見ても塗りにプリンタのインクでは表現できない油絵の凹凸が見える。
後から知ったのだが、笹田晋平さんという画家の方が描かれたものらしい。
その後個展にも出されていた。
http://www.ohshimafineart.com/exhibitions/
(※リンク先に・ちゃんたちの肖像画あり)
とんでもない大作だった。
また、この絵には終演後にも仕掛けが施される。
なんと、終演後になるとこの絵に六人目の・ちゃんが浮かび上がっていたのだ。
(ドッツには、遠方住まいのためワンマンなどのみ参加する六人目の・ちゃんがいる)
ライブ中に描かれたものなのか、最初から二枚用意されていたのか、もしくは何らかのトリックで見えないようにされていたのか、その仕掛けはわからなかった。
この大型の油絵以外にも、個別・ちゃんたちの油絵や鉛筆デッサンも飾られていた。

フロアへ降りると、若い女の子がグランドピアノで美しい旋律を奏でている。後から聞くと、演奏者は元メンバーだったようだ。
ステージにはオブジェと化した・ちゃんたちがいた。
美しいピアノの音色とアンティークな調度品の中で、・ちゃんたちがそれぞれの日常を過ごしている。
まるでステージの上の・ちゃんたちが別世界に生きているのを覗かせてもらっているような不思議な気分になる。
すぐ近くのフロアから大量の人に見られているにも関わらず、あたかも自分たちの部屋でくつろいで居るような、そんなリラックスした様子で・ちゃんたちがそれぞれの時間を過ごしている。
これは、1stシングルの『CD』発売のリリースイベントでも同じような演出があった。
寛ぐ・ちゃんたちの写真を撮ったり、・ちゃんたちを笑わせようとしたりヲタクもそれぞれ楽しむ。


撮影について


この日は、二階の動画撮影席を確保。
初めてレンタルで機材を揃える。
レンタルしてきた機材は
SONY α7SⅡ
SONY FE 70- 200mm F2.8 GM OSS
SONY AX100
AX100を選んだ理由は、サイズが大きすぎずに本格的なスペックだったため。
最初はもう少し大きいプロ仕様のものを探していたが、撮影席がどれくらいのスペースがあるのか、後ろにも人が来るのかがわからなかったため大きすぎる機材は邪魔になるのでは、という懸念があり、またセールでレンタル料金も手軽だったためこちらを選択。
予算的に余裕ができたので、ついでに使ってみたかったα7シリーズについ目が行ってしまう。
α7SⅡを選んだのは、こちらもセール価格だったのと、ドッツの演出ではプロジェクターなども使われ、ステージが暗いので高感度に強いSシリーズの方が適しているのではないかと考えたため。
結局全部半額セールで揃えられたため、レンタル料金は計1万円程度で抑えられた。
AX100の方を三脚で固定して引きの画を撮り、α7SⅡを手持ちで寄りの絵を撮る計画。
前日から借りられたので、別現場でテストしてみる。

少しテストしてみた結果発生した問題
1.4K30pで撮影すると動きがカクカクして見える
2.α7SⅡに望遠レンズつけると想像以上に重い

1はフレームレートの問題か再生環境の問題かの原因は不明。
容量の問題もあるので当日はFHD60pに変更。

2の問題は、普段は本体とレンズ合わせて500gくらいのα5100を使ってる自分には、総重量2kgを超える重装備は不慣れ過ぎた。
また、思ったより寄れないという問題があったため、三脚でα7SⅡを固定し、軽いAX100を手持ちにすることに。
この判断は失敗だった。

開演のタイミングに合わせ、全体が写る画画で設定されていたα7SⅡの録画ボタンを押す。
すると、突然モニタが急拡大して中央部しか映らない事象が発生。
ここでパニックに。仕方なくそのままα7SⅡを放置し手持ちのAX100での撮影に集中。
途中で手持ちと三脚の公開を考えるが、そのためには一度どちらのカメラも止める必要がある。
この曲の間だけは止められない、という曲が続いたためタイミングを逃し、中盤になってようやくポジションを変更。
これ以降の映像はまぁまぁな状態で残せてると思う。


ライブ


寛いでいたメンバーが一旦ステージを降り、スクリーンに『§3 群体と衛星』という映像とともに4人が登場。
流れる音は『Inventions』メインステージで・ちゃんたちが静止する。ステージ下手にある二階サブステージからトライアングルちゃんが登場。
メインステージへと続く階段を降り、・ちゃんたちの森へと迷い込むと、凍結されていた・ちゃんたちが静かに動き出す、というキネマ倶楽部と『Inventions』の世界観を見事に融合させた前衛的な舞台。
見事に一曲目から『Tokyo in Picture』の世界に引き込まれる。
このライブの様子は(前述の理由で途中からだが)動画に残してあるので是非そちらを参照して欲しい。
※『Inventions』など一部の曲はアップ禁止のため非公開

『Tokyo in Picture』後半

『きみにおちるよる』 ・ちゃん推しカメラ



また、ライブの途中で着替えもあった。中世ヨーロッパ感のある衣装に感嘆が漏れる。
この日限定の衣装らしい。
『スライド』



この日披露された新曲は二曲+1
一曲目はドッツの「エモ曲路線」に位置する『Can You Feel The Change Of Seasons?』
こちらは振付も二種類用意され、二回パフォーマンスされた。

『Can You Feel The Change Of Seasons?』1回目

『Can You Feel The Change Of Seasons?』2回目



二曲目は「ヤバ曲路線」に位置付けられる『YOLO no taki』。
ドッツがカバーしてきたsajjanuの方が作成された曲らしい。これまでドッツの「ヤバ曲路線」はほぼすべてカバー曲で構成されてきたので、初のオリジナル楽曲といえるかもしれない。(のいずくみきょくは一旦置く)
+1は新潟の・ちゃんのソロパフォーマンス。恐らくなんらかの既存曲だとは思うが詳細は不明。

sajjanu他4曲(3曲目が『YOLO no taki』、4曲目が・ちゃんソロ)



そして、ライブの最後にはまさかの赤ブリの発表。
これは驚いた。
このときには詳細未発表だったが、6thワンマン『Tokyo in Break』だった。
それにしても赤ブリである。
更に大きな挑戦を続けるドッツをこれからも観測し続けたい。



・・・・・・・・・ 6th ワンマンライブ「Tokyo in Break」地下深く眠る少女からの脱出
謎解き制作団体メルエ × ・・・・・・・・・
リアル謎解きゲーム × ワンマンライブ
2018年4月19日(木) @マイナビBLITZ赤坂
開場 18:00 開演 19:00

セットリスト


・・・・・・・・・5thワンマンライブ「Tokyo in Picture」作品リスト

§1 色彩と構図 (※撮影禁止)
01 「fixed variables」(カンバスに油彩、227.3 × 181 cm、1638年 - 2018年)
02 「fixed2 variables 1」(カンバスに油彩(習作)、41 × 31.8 cm、2017年)
03 「fixed2 variables 2」(カンバスに油彩(習作)、41 × 31.8 cm、2017年)
04 「fixed2 variables 3」(カンバスに油彩(習作)、33.3 × 22 cm、2017年)
05 「fixed2 variables 4」(カンバスに油彩(習作)、53 × 33.3 cm、2017年)
06 「fixed2 variables 5」(カンバスに油彩(習作)、33.3 × 24.2 cm、2017年)
07 「Idol(idolized black)」(衣装(黒)、2017年)
08 「fixed3 variables 1」(紙に鉛筆デッサン(習作)、59.4 × 42 cm、2017年)
09 「fixed3 variables 2」(紙に鉛筆デッサン(習作)、59.4 × 42 cm、2017年)
10 「fixed3 variables 3」(紙に鉛筆デッサン(習作)、59.4 × 42 cm、2017年)
11 「fixed3 variables 4」(紙に鉛筆デッサン(習作)、59.4 × 42 cm、2017年)
12 「fixed3 variables 5」(紙に鉛筆デッサン(習作)、59.4 × 42 cm、2017年)
13 「Idol(idolized white)」(衣装(白)、2017年)

§2 ノイズと空白
14 「『CD』」(1st CD、2017年)
15 「『Tokyo in Cage』」(2nd CD、「アイドルと芸術」のときの写真、2017年)
16 「『∞』」(3rd CD、2017年)
17 「『 』」(1st album、2018年)
18 「ノイズ発生装置」(1stワンマンのノイズ発生装置、2017年)
19 「post-kyuukohan」(kyuukohanの紙、2018年)
20 「リアルハンドカレンダー 」(「アイドルと芸術」のときの写真、2017年)
21 「モナリザ」(「アイドルと芸術」のときの写真、2017年)
22 「のいずペンギンの弟子」(「アイドルと芸術」のときの写真、2017年)
23 「・’s photo book」(「アイドルと芸術」のときの写真、2017年)
24 「のろいちゃんのふく」(「アイドルと芸術」のときの写真、2017年)

(§3〜§8はPerformance Art、400年間の・・・・・・・・・を観測する、2018/2/19 19:00-20:30)

§3 群体と衛星
25 「Inventions」
(使用楽曲「1.Inventions(Maserattiカバー)」、2007年)
26 「サテライト」
(使用楽曲「2.サテライト(in NO hurry to shout;カバー)」、2017年)
27 「サテライト」
(使用楽曲「3.サテライト」、2018年)

§4 運動と人形
28 「終わらない夕暮れ」
(使用楽曲「4.Can You Feel The Change Of Seasons?(振付1)」、2018年)
29 「花と機械」
(使用楽曲「5.東京マヌカン(初音ミクカバー)」、2015年)
30 「Livingstarr」
(使用楽曲「6.星屑フィードバック」、2007年)

§5 変拍子と舞踏
31 「休日と戦争Ⅰ」
(使用楽曲「7.Dash De Koi(sajjanuカバー)」、1953年)
32 「休日と戦争Ⅱ」
(使用楽曲「8.Goa Than Words(sajjanuカバー)」、1953年)
33 「100年の変拍子」
(使用楽曲「9.YOLO no taki」、1936年)

§6 甘味と閃光
34 「コンポジションⅨ」
(使用楽曲「10.ソーダフロート気分」、1922年)
35「街頭のフォーヴィズム」
(使用楽曲「11.クリームソーダのゆううつ(tipToe.カバー)」、1909年)
36 「星降る夜」
(使用楽曲「12.きみにおちるよる」、1888年)

§7 記憶と匂い
37 「ファム・ファタル」
(使用楽曲「13.1998-」、1852年)
38 「ホログラムの森」
(使用楽曲「14.トリニティダイブ」、1849年)
39 「雨の速度」
(使用楽曲「15.サイダー」、1844年)
40 「グランド・オダリスク」
(使用楽曲「16.Can You Feel The Change Of Seasons?(振付2)」、1814年)
41 「the sea and the city」
(使用楽曲「17.スライド」、1714年)

§8 壁と文学
42 「1つの夜」
(使用楽曲「18.ねぇ」、1675年)
43 「キネマ」
(使用楽曲「19.文学少女」、1638年)
44 「cheki」
(現在の・・・・・・・・・を観測する、2018/2/19 20:30-22:00)

第8回定期公演『Tokyo in Words and Letters』

2017年の現場納めはドッツの第8回定期公演へ。
dots8-1
自分がドッツに初めて来たのは5月の第2回定期公演「Tokyo in (non-)Music」で、会場はこの日と同じ原宿ストロボカフェだった。
当時は「なんでこんなに面白いことやってるのにお客さんが少ないんだろう」という印象だったが、あのときガラガラだった会場前に溢れるほどの人たちが並んでいた。
約半年でこれだけ状況が変わるというのに驚く。


第1部「Words」


一部に入場すると、所狭しと椅子が並べられていた。
パンフレットが配られ、まずその想定以上の厚さに驚く。

イベント目次
1. ・ちゃんたちによる東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』読書感想会
2. コンセプト担当古村氏による「『ゲンロン0 観光客の哲学』と・・・・・・・・・の関係」
3. 楽曲の歌詞・振付・コンセプト解説(『サテライト』『東京マヌカン』『東京マヌカン-コピー』)
4. 上記楽曲のパフォーマンス
5. 個別課題図書の読書感想会
6. 楽曲の歌詞・振付・コンセプト解説(『Inventions』『kyuukohan』)
7. 上記楽曲のパフォーマンス
8. 各メンバー作詞曲の歌詞発表
9. 上記楽曲のパフォーマンス

1. ・ちゃんたちによる東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』読書感想会
dots8-3
ステージ上手にコンセプト担当の古村さんと楽曲担当のみきれちゃんが座り、上手に・ちゃんたちが座る。
事前に課題図書に設定されていた東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』について、・ちゃんたちが事前に書いてきた読書感想文について一人づつ発表という形式。
課題図書は自分も読んだが、300P超の厚い本の上、19世紀から現代までの哲学の知識がベースとなっているため、普段読み慣れていない自分には読みづらかった。
・ちゃんたちはものすごく苦労していたであろう様が発表から窺い知れた。
多分もっと・ちゃんたちからのアウトプットを拾い上げたかったんだろうけど、それを出すにはこの課題図書は難解かつボリュームが多すぎたか。

2. コンセプト担当古村氏による「『ゲンロン0 観光客の哲学』と・・・・・・・・・の関係」
アイドルを『観光地』、ファンを『観光客』に見立てる。
界隈は『郵便的マルチチュード』の連帯であり、推しは『家族』、というような話(解説省略)
dots8-2

3.楽曲の歌詞・振付・コンセプト解説(『サテライト』『東京マヌカン』『東京マヌカン-コピー』)
楽曲解説の一個目は、君と僕の対比が特徴的な三曲。サテライトの振付ではサークルを多用していると解説。そう言われてから改めて見るといろんなものが見えてなかなか興味深い。

古村さんによる『東京マヌカン』の解説はこちら

4.上記3曲のパフォーマンス

5.個別課題図書の読書感想会
個別課題図書の読書感想文ではみきれちゃんと一緒にスタッフの牛乳プリンさんも登場。
牛乳プリンさんは大半の課題図書を読んだようで一番すごいなと思った。
感動詞ちゃん→桐野夏生『東京島』
接続詞ちゃん→村上春樹『東京奇譚集』
助詞ちゃん→雨宮まみ『東京を生きる』
形容詞ちゃん→川上弘美『東京日記 卵一ぶんのお祝い』
副詞ちゃん→リリー・フランキー『東京タワーーオカンとボクと、時々、オトン』
旧なんじゃい駅ちゃん→大竹静市郎『写真で見る 東京の激変』

6.楽曲の歌詞・振付・コンセプト解説(『Inventions』『kyuukohan』)
楽曲解説後半は深淵な世界観を持つ2曲の解説
再び古村さんとみきれちゃんが登場。
この二曲はいずれも最初の構成をみきれちゃんがつくったもので、言語化された最初のコンセプトはなかったもの。
これらの楽曲について後付けでつけたという古村さんの解説を説明。

古村さんによる『Inventions』の解説はこちら
『kyuukohan』と衣装に関する解説はこちら

7.上記楽曲のパフォーマンス
『Inventions』
dots8-4
dots8-5

8.各メンバー作詞曲の歌詞発表
続いてはメンバーがそれぞれ作詞してきた曲の発表。
既存の曲で、メンバーがそれぞれ一曲づつオリジナルの歌詞を書いてくるという企画。
副詞ちゃん→『スライド』
助詞ちゃん『サテライト』
接続詞ちゃん→『ねぇ』
形容詞ちゃん→『サイダー』
感動詞ちゃん→『きみにおちるよる』

副詞ちゃんの『スライド』で、いきなり記憶の消えるさまを炭酸に例えた綺麗な比喩表現が出てきて会場全員驚く。
接続詞ちゃんの『ねぇ』はお菓子の名前がひたすら並ぶ歌詞ですごいセンスだなぁと感心してたら、本人から「けいおん!」を参考にしたと説明があり納得する。
一方感動詞ちゃんの『きみにおちるよる』は「これヲタクとアイドルのガチ恋じゃないか」と思わせる歌詞で会場中をざわつかせた。

9.各メンバー作詞曲のパフォーマンス
dots8-6
歌詞を見ながら直立で歌うのかと思ったら、驚いたことに何も見ずに振付つきでパフォーマンスだった。
5曲も新らしい歌詞を完全に覚えてパフォーマンスしたのかと思うと頭が下がる。

第2部「Letters」


二部はオルスタになり、のいずペンギンから開始。
この日ののいペンはかなり短いセトリだった。
続いて・ちゃんたちが出揃い、一曲目から飛ばしていくセトリ。
一部はわりと静かに見てた観客も、反動からか一気に盛り上がる。
dots8-2-1
dots8-2-2
dots8-2-3

続いて・ちゃんの生誕パート
バックに・ちゃんたちを従え、RYUKYU IDOL『ハートのエナジー』
dots8-2-4
・ちゃんたちの「ぱーん、ぱぱーん」が可愛すぎて完全に殺されるやつだった。

続いて・ちゃんと二人で『瞳』を披露
dots8-2-5

最後はソロで山崎まさよしの『One more time,One more chance』
dots8-2-6
dots8-2-7
サイリウムの海に感動し、涙声になる・ちゃんが尊かった。

・ちゃんの歌唱後は、メンバーが出てきてお祝い。
dots8-2-8
・ちゃんが喜んでる姿を見て会場中が幸せに包まれた。

再びライブパート。
曲数重ねるにつれてどんどんボルテージがあがっていく
映像も幻想的に。
dots8-2-10
dots8-2-11

・ちゃんたちの本音みたいな文字が表示されて笑いが起こる
dots8-2-13


dots8-2-14
来年発売予定のアルバムジャケットがVJ素材になっていたり

2017年最後のライブにふさわしく、1部も2部も企画が盛りだくさんの密度の濃い1日だった。
2018年もドッツの定期公演は目が話せなくなりそうだ。

gn0-001

イベント名:メリークリスマス!ギュウ農フェス
期日:2017年12月25日(月)
会場:渋谷WWW(東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル)
開場:17:45 開演:18:15
出演:GANG PARADE、BiS、ヤなことそっとミュート、MIGMA SHELTER、・・・・・・・・・(ドッツ東京)、Task have Fun、PiGU、ギュウゾウ(電撃ネットワーク)
主催・運営:ギュウ農フェス実行委員会
前売券:3800円(+1dr代)

・・・・・・・・・


gn1-dt2
gn1-dt1
gn1-dt3
gn1-dt4
gn1-dt5

MIGMA SHELTER


gn2-ms1
gn2-ms2
gn2-ms3
gn2-ms4


ヤなことそっとミュート


gn3-ym1
gn3-ym2
gn3-ym3

BiS


gn4-bs1
gn4-bs42
gn4-bs2
gn4-bs3


GANG PARADE


gn5-gp32
gn5-gp2
gn5-gp1

2017/11/18
・・・・・・・・・
第7回定期公演『Tokyo in Traffic』

この日の定期公演は1日がかりで3部構成。
7月以来の実体のある定期公演だったため、否が応でも期待が高まっていた。

第1部「・・・・・・・・・撮影会」


1部はスタジオでチェキ会。会場は池袋Gallery-O7/marble。
基本的にはいつもの特典会だけを切り出したイベントだが、スタジオでチェキが撮れるということで特別感がある。
屋上や階段で撮れたりと楽しい仕掛けが満載。
さらにチェキ中のカメラ撮影も可だったのでいい写真がたくさん撮れた。
dots7-32

1部の最後は、2部の都電荒川線イベントに入場するための抽選会。
引いたくじに書かれていた番号は32番だった。
みんな落選の可能性に戦々恐々としていたが、くじを引いた人がちょうど40人だったらしく全員乗れるということで歓喜の声があがる。

また、このときに運営から「・ちゃんの電話番号を教えてもらえる」というイベントが発生。050-から始まる番号を教えてもらえた。
この番号に掛かった電話は、自動的に・ちゃんのうちの誰かに転送される。電話に出るか出ないかはその・ちゃん次第。今日のイベントが終わるまでなら何回電話してもいい、というルール。開始後ヲタクみんな必死に電話を掛ける。自分は参加しなかったが、繋がったヲタクはみんな幸せそうに話してた。

第2部「・・・・・・・・・学芸会」


場所を早稲田駅に移し、2部は荒川線車両内でのイベント。
あらかじめ引いた番号順で貸切車両に乗り込む。
dots7-34
乗車時に、鉄道ちゃんがチケットにパンチ穴を開けてくれる。
昔はこういうふうに切符を切ってくれる車掌さんがいたなぁ。
時間が経ちすぎてその感覚を忘れていた。

車内にヲタクと鉄道ちゃんを載せて出発。
dots7-35
鉄道ちゃんに写真を撮らせてもらったりして和やかなムードでイベントが始まる。
途中駅で停車したかと思うと、中央のドアからクエンカちゃんが乗り込んでくる。
そのまま人混みを掻き分け最前部まで辿り着いたクエンカちゃんから、荒川区出身の有名人、ということで橋幸夫と吉永小百合のデュエット曲『いつでも夢を』のカラオケを披露。

続いての駅ではロートホルンクルムちゃんが乗車。
なんと手作りのお菓子を配布してくれて、さらにそれに生クリームをかけてくれる。
みんなでカラオケしましょう、ということで鉄道ちゃん、クエンカちゃん、ロートホルンクルムちゃんとヲタクとで『スライド』を歌う。
dots7-36

そしてクエンカちゃんは下車し、入れ替わりにギターを抱えた轟ちゃんが乗車。
ゆで卵をつくってきたということでそれを全員に配る。
前方の席に轟ちゃんとロートホルンクルムちゃんの2人で並び、ギターの弾き語り風でコレサワの『たばこ』を歌う。
大喝采の中、二曲目はわーすたの『いぬねこ。青春真っ盛り』
去年の生誕で歌った曲ということで思い入れのある曲らしい。
最後に轟ちゃんだけ席移動して、大原櫻子ちゃんの曲を歌唱。このときすぐ斜め前の席だったので近くて嬉しかった。
dots7-37

ロートホルンクルムちゃんも轟ちゃんも下車し、最後は毛下襟田井ちゃんかな、と全員が思っていたところ、一緒にSNSの妖精ちゃん(一心不乱ちゃん)が乗ってきて歓声が起きる。
dots7-08
二人で作ってきた紙芝居を披露。
桃太郎など日本の昔話をごちゃ混ぜにしてダークにしたような独特なストーリーだった。

毛下襟田井ちゃんも妖精ちゃんも降りて、社内には鉄道ちゃんとヲタクだけが残される。
列車は遂に終着駅へ。
鉄道ちゃんからの終了の挨拶で、名残惜しくも電車を降りた。
次の電車で他の・ちゃんたちも合流し記念撮影。
dots7-13
今回のイベントは・ちゃんたちの企画らしく、ファンを楽しませようと色々と考えた、おもてなしに溢れるとても楽しいイベントだった。
dots7-14

第3部「・・・・・・・・・文化祭」


3部は上野Untitledに移動して文化祭イベント。
dots7-38
パンフレットをもらって入場すると、会場内には既に色んな仕込みが準備されていた。
建物のあちこちにQRコードが貼られていて、読み込むとポイントが溜まりお金として使える仕組み。結果300pt貯めて金麦もらえた。 dots7-33
バーカウンターではフランクフルトが買えたり文化祭気分が味わえた。

フリーマーケットのコーナーでは、自由に出品できて、物々交換できる企画。とりあえず自分が出品したもの(簡易ノイズ装置)は引き取ってくださる方がいて嬉しかった。

展示品の目玉は、「・ちゃん生誕特別ブース」。・ちゃん(轟ちゃん)の部屋を再現したスペースがフロアの一角に広がっていた。もはやそこだけ別世界。
まるで・ちゃんの部屋がそこにあるようでとても素敵だった。
dots7-16

ステージでも企画が進行し、最初は動物研究会の発表(のいずペンギン)
久しぶりにのいペン見れた。前はリズムもない純粋なノイズだったのが、ビートができて踊れたり、MIX入れたり、サンプリングも入るような少しエンタメ性のあるノイズに変わっていて楽しかった。
dots7-39

動物研究会の発表の後、しばらく展示を見たりチェキ撮ったりした後にダンス部の発表。
dots7-20
ドッツの激しい踊りの曲を詰め込んだパート。メンバーのパフォーマンスもすごいし、フロアの熱量もすごくて会場の温度が異常に上がった時間だった。
dots7-40

ファッション部の発表コーナーは、部長、轟ちゃんによる生誕特別ステージ。
ソロでBiSHメドレーとアイドルネッサンスの17才を披露。
dots7-24

ソロパフォーマンスの後はケーキや花束でお祝い
dots7-25
dots7-26
全員で『ねぇ』のアコースティックverも。
お菓子リュックを嬉しそうに背負う轟ちゃんを見てると幸せな気持ちになれる。

第7回定期公演『Tokyo in Traffic』第3部文化祭ステージのラストを飾るのは特別ゲスト(という体)のドッツによるライブ。
dots7-41
朝9時から続く長い1日の終わりに相応しい、最後の力を振り絞るようなパフォーマンス。このままずっと終わって欲しくないと思ってしまう文化祭だった。
dots7-17



2017/11/5 (日)
秋のYOIMACHI
・・・・・・・・・(@dotstokyo)

YOIMACHIとは?
東京の中でも独特な雰囲気を持つ街・大塚を舞台に、ベテランから若手まで総勢50組以上の個性的なアーティストが出演するサーキット・イベント。音楽フェス。「大塚 よいまち 一度はおいで!」

この日は・・・・・・・・・(ドッツ @dotstokyo)を見るために、大塚の音楽フェス『秋のYOIMACHI』へ。
『秋のYOIMACHI』は大塚駅近辺のライブハウスで行われるサーキットイベントで、目玉はまさにこの都電ステージ。
今回は見事お目当てのドッツがステージ出演者として選ばれ、発表されたときからずっと楽しみにしていた。
001
観覧希望者は、まず都電荒川線大塚駅に集合。
整理券配布開始前に80人以上の自主待機列ができる。
入場できるのは60人くらいだろうし後ろの方の人たちは危ないんじゃないか、と勝手に想像していたら、まさかのたった30人で打ち切り。
配布終了後も続々と整理券を求めて来る人が絶えず、申し訳なさを感じながらも入れたことはありがたかった。
開始時間が近づくと、踏切の向こうからメンバーが登場。
002
ギターを抱えたメンバーを見て、あちこちで歓声が起こる。

開始時間になり、メンバーが先に車両に乗り込む。
スタッフさん、公式の撮影班、ヲタクもそれに続き、合計50人弱の乗客を乗せて大塚駅から発車する。
小さな車両に乗り込むには結構な人数で、身動きの取れないほどの満員電車になった。
進行方向右手にギターを持った4人、左手に指揮棒を持ったほっこりちゃんが並ぶ。
003

運営さんの、「では、始めましょうか」という一言でステージが始まる。
ほっこりちゃんから、「一曲目はカノンです」とアナウンス。
4人が適当にアコギをかき鳴らす中、ほっこりちゃんが詩の朗読をする前衛的なパフォーマンス。
005
その間も、ガタゴト鳴らしながら路面電車は街中を走る。
004
車両は完全に貸切だが、途中駅では停車するようだ。(扉は開かない)
そのたびに駅で待つ人たちが車窓から覗いてくるが、それがあまりに近くて爆笑してしまう。
外から見ると中は少し暗く見えにくいのと、隔てる窓ガラスの安心感で窓にに顔を寄せるのだろう。
そして中を見ても、全身黒づくめで目隠しをした少女たちと、それを取り囲むぎゅうぎゅうに押し込められたオジサンたちという構図で、新しい宗教かヤバい撮影だと思っただろう。
それもあまりにもおかしくて、停車する度に車内で大爆笑が起こっていた。
006

次の曲では、ほっこりちゃんが指揮棒でメンバーを指すと、指されたメンバーが弦をびろーんと弾く。
これを順番に回していく。
一通り弦を弾き終わると、おもむろに銀色のスプーンを取り出し、カポ代わりに1フレットあたりにはめる。
ほっこりちゃんに指された子がスプーンをはめた状態で弦を弾くと、「びよ~ん」とコミカルな音が鳴り響き大爆笑が起こる。
もはや何しても面白くてたまらない不思議な空間だった。
続いてペンを取り出すと、おもむろにギターに何かを書き始める。そしてお客さんにもペンを差し出し、何か書くように促す。
008
続いて取り出したのはニッパー。
これは出てきた段階でみんな想像ついた。
ほっこりちゃんの指揮で一人づつ弦を切っていく。
しかし女の子の力ではなかなか弦は切れない。
隣の・ちゃんが手伝い、ヲタクからは「頑張れ!」と声援を送り、みんな弦を切るのに成功し大歓声が起こる。
007
「以上、てんちゃんくみきょくでした」
はにかみながらの宣言で二曲目が終わった。

三曲目からは、メロンちゃん(運営)がギターを抱えて立つ。
メンバーは右手に一列に並び、さっきボディに落書きしたペンをマイクに見立てて『文学少女』を歌う。
流れる車窓をバックに歌う・ちゃんたちが尊かった。
009
そのまま、最後の曲『ねぇ』。
文学少女は想像してたけど『ねぇ』は予想外で嬉しい。
この曲もアコースティックにとても合う素晴らしい選曲だった。
アコースティックバージョンなので二曲とも振り付けはなく、直立で歌うスタイルだったが、眠いちゃんが曲に合わせて楽しそうに小さく踊っていたのが可愛かった。

・ちゃんが、「以上、アコーティス、あれ?」みたいな言い間違いしたのが車両中でウケて、アコーティスバージョンになった。
何をしても笑いが起こる空間だった。
以上の四曲でドッツの都電ステージ終わり。
010
日曜の午後にゆったりした時間の流れる、とても幸せに溢れたステージだった。

ど平日のMARZでの地下対バン。
ステージを20~25分で細切れにして8組のアイドルが出るやつ。
主催イベントと比べてしまうと持ち時間は短いし、普通に数曲やって物販するだけなので特に変わったことも起きない。

そう思ってた。運営のツイートを見る前は。
動画を使った演出??MARZって映像流せるの?
面白いライブになりそうな予感に胸を膨らませながら現地へ向かう。

お目当てのドッツまでは前の方で見てた。
メログリとかマボカレとか今までちらっとしか見たことなかったけど、ちゃんと見たらかなり良い。
ドッツはこのイベントのトリで登場。
マボカレが終わるとステージにスクリーンが用意される。
MARZは何回も来てるけどスクリーンがあるのは初めて見た。
なんとなく全体を撮っておいた方がいい予感がして後方に移動する。

一年前の映像を流しながら、当時のセトリで『サテライト』『東京マヌカン』『すろぉもぉしょん』を披露。
image
image
image
image
image
image
image
image
おおっ、なんか大人数グループに見えるぞ。
「ステージで踊る・ちゃんたち」と、「・ちゃんたちの影」、「映像の中の過去の・ちゃんたち」が混ざり合って一体化してる。
以前運営がグループコンセプトとして語っていた、「・ちゃんたちは都市の具現化した姿で、都市に住む無数の女の子たちを体現している」という話はよくわからなかったけど、それをビジュアライズしたらこうなるのかなとふと思った。

・ちゃんたちを見始めて半年も経ってない自分にとっては、当時の映像はとても新鮮。
人数もパフォーマンスの質もまったく違い、まるで別のグループにも見える。
過去と現在が交差するこの景色は、ただ現在を見るよりも何倍も奥行きを増す。


一年前のセトリが終わり、映像なし、普通照明で『スライド』。
一年前にはなかったはずの曲なので聴けて嬉しかった。
せっかくの写真の撮りやすい照明なので、前に移動して・ちゃんをアップで撮影。
image
(河川ちゃん)

ラストはまた映像が戻り『東京マヌカン-コピー』
今日のセトリにこの曲を組み入れた意味を感じてしまう。
MARZを離れてRUIDO K3、KINGSX、SAMURAI、タワレコなどこれまでのライブがダイジェストになって詰め込まれた映像が流される。
image
image
image
image
image
image
image
image
まるでドッツと一緒に思い出の地を巡る旅に出ているような錯覚。
自分が見てきた景色もたくさんあったのでその一個一個の記憶を想起させられる。
今まさに現場にいながら、在宅としてこの一年間の・ちゃんたちを追いかけているような不思議な感覚。
とても素晴らしいライブで拍手が止まらなかった。
ただの地下対バン(失礼)に、ここまで作り込んでくるドッツのすごさに改めて感動した。


終演後、特典会でチェキを撮りに行くと、
「一年前の映像見られるのは恥ずかしすぎる。見えないように振りを大きくして隠そうってみんなで話してた」
という話を聞いた。

ヲタクにとってはエモさを感じる映像も、必死に前に進んでる本人たちには過去なんだなぁというのを感じて面白かった。

1周年ワンマン『Tokyo in WWW』
開場18:00 開演19:00
渋谷WWW
www001

この日はドッツの1周年記念ワンマン。
何ヶ月も前からメンバーも運営も気合いを込めていたので、どんなワンマンになるのか自分も緊張しながら入場。
ノイズ発生装置付きチケットを購入していたので入場時に装置を受け取る。
好きな装置を選んでください、と言われ、わかりやすそうなギターのついたタイプを選んだ。
装置の説明を受けているうちに入場は進んでたが、最前はガラッと空いて二階中央から埋まっていた。
やっぱりドッツのWWWはそうなるよね。それならそれで最前上手へ。

ステージに降りた幕には「ねぇ」のMVのようなふわふわした雰囲気の映像が映し出され幻想的な雰囲気を醸し出してる。

開演まで1時間あるので、もらったノイズ発生装置で遊ぶ。

開演八分前くらいからBGMが鼓動に変わる。
ドッツメンバーの鼓動を見られるアプリを開いたヲタクが「アプリと連動してる」と発見する。
気がつくと、幕に映る映像はGoogle Earthに変わっていた。
やがてノイズが場を支配し、開演を告げる幕が上がる。

幕があがると、そこには白い衣装のメンバーが。
背景に映し出された地図を前に、抑え目の照明に照らし出される・ちゃんたちが美しかった。
www03
Google Earthで「東京」が投影される・ちゃん

『1998-』から始まりノンストップで曲は続いて、『サテライト』『ねぇ』『スライド』の三大代表曲をいきなり最初のブロックで連続披露。
この先どこに転がるのかまったく予測がつかなくなる。
VJの映像は第4回定期公演で使われた映像を今回も使ってくるだろうと思ったら、完全に新しい映像に変わっていて驚いた。
今回は東京という街並みを中心とした映像というコンセプトのようで、原宿や秋葉原といった都内各地の映像が使われていた。

メンバーの歌もダンスも、体調を崩しがちだったのをまったく感じさせない素晴らしい出来だった。
www005
『サテライト』で踊る・ちゃん

www006
『すろぉもぉしょん』では映像の初音ミクと共演も

www007
そして『のいずくみきょく』で退場して一部が終了。


今度は黒い衣装に着替え、全員スマホを片手にメンバー再登場。
ひとりづつ、舞台で台詞を読み上げるように「さよならノイズ」という詩を読み上げる。
流れるように二回目の『すきなことだけでいいです』を披露。
と思ったら、途中からスマホのヘッドホンを耳にしてそれぞれまったく別の曲を歌い踊る。
5人全員違う歌と振り付けなので相当なカオスになる。
恐らくそれぞれメンバーの好きな曲を歌わせてるんだろう。『すきなことだけでいいです』の歌詞通りの面白い演出だった。
www008
すきなことをする・ちゃん

www009
Massacreのカバー『Bones』での・ちゃんと・ちゃん

www10
Massacreのカバー『Surfing』での・ちゃん

www0011
『Surfing』で負けてジャスティスをする・ちゃんと・ちゃん

www0012
『サイダー』では昔の映像がバックに流れ、過去と現在が交錯する。

www0015
『東京マヌカン』で二次元キャラと一緒に踊る・ちゃん

www0017
二回目の『トリニティダイブ』では秋葉原駅前で踊るまいめちゃんとスクリーン越しの共演。

www0019
二回目の『ねぇ』で下の映像に写っていたのは鉄道ちゃん。では上の映像は誰?とヲタクの間で話題になる。

www0021
鉄道ちゃんも加わった『東京マヌカン-コピー』は河川ちゃんの気迫に圧倒された。映像は原宿の竹下通り。

一旦メンバーは下がり、映像でSNSの妖精さんが登場する
www0022

昭和から現在までのアイドルシーンを作ってきた名曲のMIXが流れる。
80sアイドルから、アイドル戦国時代、現在の地下アイドルシーンの代表曲、ときて最後は『スライド』へと繋がる。
この演出に二年目のドッツの決意のようなものを感じた。

そして登場するメンバーを見るとまさかの新衣装
www0026
ドッツらしからぬ可愛らしい衣装にヲタクが沸く

『スライド』『きみにおちるよる』『Dash De Koi』を披露後、メンバーがひとりづつ挨拶。
www0027
港ちゃんの美しい涙に、メンバーもヲタクももらい泣きしてしまう。

ここで、スクリーンに重大発表が映し出される。
「年内にアルバム発表」の知らせにフロアが沸く。これはみんな待ってた。
そして二つ目の重大発表は「9/8に2ndワンマン開催」。
www0029
さすがに四日後のセカンドワンマンは驚いた。

www0030
最後に『サテライト』を披露して終了。

「どうやって終わればいいの?」と悩んだ結果、港ちゃんが「みんなでマイクを置いて手をつないで『ありがとうございました』っていうやつやってみたい」と提案。
最後まで優しい空気の中終わった。

このワンマンのために、メンバーも運営もどれだけの時間を掛けて準備してきたのか想像もつかないくらい中身の詰まった贅沢なライブだった。
やっぱりドッツはすごい、と改めて思い知らされ、二年目への期待が大きく膨らんだ。


2017/7/30 ・・・・・・・・・第4回定期公演『Tokyo in Closet』@ 原宿ストロボカフェ

4h001
事前に、「開演から終演まで4時間を予定」と銘打たれていて、どんなイベントになるかワクワクしながら入場。
翌月に発売予定のCDが74分の収録時間だったので、最初の74分はCDの音源を流してみんなで聴く→その後トーク→ライブみたいな展開だろうなと予測してた。
しかしこの予想はいい意味で裏切られた。

入場すると、椅子が並べられており着席での観覧の様子。さすがに4時間立ちっぱなしは辛いのでありがたい。

【前半(着席パート)】


M1.サテライト(B)
暗めの照明の中登場。黒衣装に白い布を腕に巻いてVJ演出とともにパフォーマンス。浮かび上がる映像が美しく、つい見とれてしまう。
_DSC3493-02
_DSC3506-01

〜SNSの妖精さん動画〜
ここでメンバーが一旦退場し、映像が流れる。
SNSの妖精さんの自宅っぽいところでの自撮り映像。

M2.文学少女
黒のセーラー服に着替えて再びメンバーが登場。
セーラー服姿に客席から歓声が上がる。
黒いセーラー服と赤い表紙の本が映えて美しい。
映像はお台場?のような海と橋
4h002

〜楽曲解説〜
みきれちゃんによる楽曲解説コーナー。
ドッツの音楽コンセプトをと、影響を受けた曲を紹介。
詳細は下記URLが詳しい。
ドッツはシューゲーザーアイドルとも言われるが、運営陣としてはシューゲーザーを自称しているわけではなく、「シューゲーザー的エモさ」を追求しているとのこと。

M3.ソーダフロート気分
新しい衣装に着替えてメンバー登場。
ドッツの衣装を担当しているお店の衣装に着替えてソーダフロート気分を披露。
4h003

〜ドッツコンセプト解説〜
大阪の大学の講義で使用したスライドをもとにドッツのコンセプトを解説。
いわく、ドッツとは『都市の幽霊』とのこと。
これまでのアイドルシーンの振り返りから、今後考えてることまでを説明。
アイドル界の大きな流れとして、BiS、原宿駅前パーティーズ、StereoTokyoを上げていたのが面白かった。
P_20170730_162816

M4.Bones
M5.Surfing
夏らしい私服風衣装に着替えてメンバー登場。
4h005

〜プリクラツイキャス生配信〜
・ちゃんが登場し、ヲタクを二人連れて外に出てプリクラを撮りに行く

M6.すきなことだけでいいです
パジャマ風衣装
4h006

〜第3回定期公演『Tokyo in Technoraneko』のダイジェスト動画〜
過去記事:2017/6/24 ・・・・・・・・・第3回定期公演1部 ドッツRPG

M7.スライド
白衣装に麦わら帽子で登場。夏らしい映像と衣装が合っていて美しかった。
_DSC4086-01

【中盤(生誕パート)】


〜・ちゃん生誕〜
①生誕の・ちゃんが登壇し、プロジェクションマッピングによるファッションショーを披露
真っ白な衣装で現れた・ちゃんに、音楽に合わせてプロジェクターで色んな衣装を切り替える。
4h007

M8.セーラースターソング
プロジェクションマッピングによりセーラームーンになりきり歌う
_DSC4290

②太鼓の達人
ヲタクをステージにあげて太鼓の達人で対決。
「好きなことしていい、と言われたので太鼓の達人をみんなとやりたかった」という・ちゃんのマイペースさが出ていて面白かった。
_DSC4307

③お祝い
ケーキとメッセージカードのプレゼント
_DSC4322
・ちゃんらしい、遊び心に溢れた温かい生誕だった。

ここまでで着席パートは終わり、椅子を片付けてオルスタパートに入る。
ここで初めて数分の休憩が入る。

【後半(オルスタパート)】


後半は立て続けにライブ。
M9.サテライト(A)
M10.サイダー
M11.Bones
M12.Surfing
M13.文学少女
M14.ねぇ
M15.スライド
M16.すろぉもぉしょん
M17.東京マヌカン
M18.すきなことだけでいいです
ヲタクに後ろに下がるように指示して二人フロアで踊る
_DSC4859-01
M19.ソーダフロート気分
M20.星屑フィードバック
M21.トリニティダイブ
M22.サテライト(B)
M23.東京マヌカン -コピー
M24.Kyuukohan
_DSC4955-01
4h008
長時間のイベントで疲れてるはずなのに、そんな様子もなく後半のセトリまで全力で踊りきった彼女たちには驚くばかり。
終わって時計を見てみると、本当に4時間が経過していた。
そこからの特典会でもみんな笑顔で「楽しかった」と言ってて、すごい体力だなと改めて感じた。
こんなに濃いイベントに参加できる経験はなかなかないと思う。

2017/8/21 ・・・・・・・・・
ファーストシングル『CD』追加プレス決定記念フリーライブ
開場18:30 開演19:00
渋谷DESEO mini with VILLAGE VANGUARD
入場料無料!(D別)


ドッツの『CD』は、三曲をノイズで繋げた72分の1トラック。
リピート再生すると、後半の永遠に続くノイズと最初の曲が繋がり「混沌の中からアイドルが蘇る」という仕掛けがある。
この日のライブはその世界をそのままライブハウスに持ち込んだかのようなステージだった。

フロアに入ると、轟音のノイズが流れる中メンバーがステージに倒れている。
dots001

異様な空気の中、開演時間が近づくにつれ、ノイズが変質していく。
ノイズに脈打つ鼓動音が混ざり、やがて鼓動音だけが場を支配する。
音が次第に変わりメンバーが立ち上がる。
dots02

まるでいま目を覚ましたような、そんな演技をしながら、流れるように始まる代表曲『スライド』
舞台を見ているかのような一連の流れが美しすぎて言葉を失ってしまった。
dots03
dots04

『スライド』から繋がるアンビエントの中で、まるでメンバーの普段の日常のような台詞のない演劇に思わず魅入られてしまう。
そのまま自然な流れで『トリニティダイブ』
dots05
dots06

『ねぇ』に繋がり最後はまたノイズの中に横たわる。
dots07

開場から数えればたっぷり約一時間を使った贅沢なステージ。
まるで「『CD』を観た」とでも言えるような、今回のCDのコンセプトを忠実に表現した最高のパフォーマンスだった。

その後、TRUSH UPの社長が司会でトークコーナーへ。
「最初はわーすたさんみたいな可愛いアイドルをするつもりで集まった。
 正月頃はやらされることが本当に嫌で逃げ出したこともあった。
 それが今は洗脳されてしまい、どうしたらもっと面白いか考えるようになってしまった。」
「もう、戻れない」(サイダーの歌詞風に)
「運営はサイコパス。あのひとたちの考えてることを理解できたことが一度もない。
 それでも、このひとたちについていったらきっと面白いだろうなという信頼はある。」
みたいなネタを挟みながらも、運営とメンバーが一つの方向を向いているのが伝わってきて良かった。

いわゆるリリースイベントは、店舗のスペースで4-5曲やって握手会やって終わり、という定型化されたものが主流になってしまっているが、ドッツのようにどうしたら自分たちを伝えられるか工夫に工夫を重ねられるグループは本当に追っかけていて楽しい。
本当に素晴らしいイベントだった。
今はドッツが一番面白いよ。

dots_01kanban

この日はドッツの定期公演に参加するために11時過ぎに集合場所のライブハウスに到着。
開場時間は過ぎていたものの、まだ外でヲタクが待機していた。
たまたま以前物販待ちで話したことある方をお見かけしたのでご挨拶。
話してるうちに、「今日一緒に回りませんか?」とお誘いいただいて早々にぼっち回避。ド新規で一人行動は不安だったので助かった。

入場が始まると、片面が地図、片面はQRコードと今回の説明が書かれているA3 の紙を渡される。
P_20170629_232133
ステージにスタッフさんが登壇し、今回の企画趣旨とルールを説明。
まずはHPの問題を解くようにと指示され、ライブハウスを後にする。

外に出て、さっそくHPを開いてみる。
普段のHPと何も変化がない。
周りのヲタクを見渡すと、「HPが変わった」という人と「いつも通り」という人が半々くらい。
変わったという人に聞いてみるとアドレスはこれで合っているらしい。
ここで、あ、キャッシュか、と気づきキャッシュを消してリロードする。
無事いつもと違うページに遷移。
色の違う・がたくさん表示され、そのうちの一部をクリックすると、読み取れたアドレスは
http://dots.tokyo/YYYYMMDD
他にもいくつかキーワードがあり、「Twitterの場所」と書かれていたので公式のツイッターを確認すると、プロフの場所欄が「hoayu」になっていて、これを上記のドメインの後につけると画面にコンパスが現れた。
Screenshot_2017-06-24-17-41-13
同様の問題があと2つあり、合計3パターンのコンパスが立ち上がる。
ここで、3つのうちどれかを選ぶのだが、うち2つが同じ方向の上野公園を示していたのでまずそちらに向かって歩き出す。
このあたりでなんとなく5-6人のパーティーになってた。

スタートが押したためか、最初の謎に時間をかけ過ぎたためか、上野公園に入る頃にはもう最初の問題の制限時間が近づいてた。
時間がないので、二つのうち地理的に近そうな方を予想して一本に絞る。
しばらく歩くと行き止まりに突き当たる。
コンパスが示す先はのどかにボートが泳ぐ湖。
「??これ以上先に行けないよね?」
「湖の向こう側?だったらもう間に合わないな」
「まさかボートに乗ってたりしないよね」
そう話しながら湖の方に目を凝らすと、果たして・ちゃん(永永無窮ちゃん)と女性スタッフさんがスワンボートに乗っているのを発見。
「「「いたー!」」」
「・ちゃんが手にQRコード持ってる!」
「読み込める??」
「いやこの距離じゃ全然無理」
「これボートに乗れってことかな?」
「いくら??」
「2人乗りで600円、3人乗りで700円」
「仕方ない、乗るか」
ということでボートに乗って・ちゃんを追いかける。
もう時間がない。
制限時間ギリギリで・ちゃんのボートに近づき、QRコードを読み込ませてもらう。間に合ってよかった。
ちょうど永永無窮ちゃん推しが多いグループだったので、現地を離脱してからも「ボートに乗る・ちゃん可愛かったなぁ」と話が尽きない。
しかし、撮影可なのに誰もボートに乗る・ちゃんの写真を撮ってなかったことが判明。
あんないいシーンを撮らないなんて…と反省。



QRコードのリンク先に書かれていた次のミッションは「上野東照宮で願いに触れよ」
上野東照宮へ行き、お清めしてお祈りするも何も起こらないし誰もいない。
他のグループの人たちも集まってきたところでヲタクの一人がようやく「もしかして絵馬じゃ」と気づく。
裏手に回ると、やはりQRコードの載った絵馬が並んでいた。
P_20170624_131448
QRコードの先には、「ドッツと対バンして欲しいアイドルの運営さんにリプを送れ」と書かれていた。

そして次の謎が難問だった。キーワードは「大正の間へ向かえ」
みんな一斉に地図を見るが、上野公園内にそんな場所はない。
「大正の間見つかった?」
「地図にはなさそう。どっかの建物の中にあるのかな」
「ググってみたけどやっぱりそれっぽいのないなぁ」
「近い建物から順番に行ってみる?」
うーん、大正の間の、この『間』っていう言葉が別の意味を持っていたりするのでは?
例えば読み替えれば「あいだ」。大正のあいだとも読める。
大正、たいしょう、いしょ??地図にそれっぽいところは…あった!この「韻松(いしょう)亭」じゃないか?ここから近いしこれでしょ。という説を提唱して韻松亭へ向かう。
そして辿り着いた韻松亭。周りを見渡すが、何もない。もしかして間違えた??
完全に行き詰まったところで、1人のヲタさんが「もしかして大噴水と正門の間ってことじゃない?」と気づく。
うん、完全にそっちでしたね。引っ掻き回して大変申し訳なさ。

大噴水と正門の間に着くと、永永無窮ちゃんと唯一無二ちゃんがドッチボールしてて、万里一空ちゃんがかき氷を食べてた。
_DSC0677
・ちゃん(万里一空ちゃん)「私たち、ワールドワイドなグループになりたいんです」
「ここに、音源のCDがあります。これを外国人の方にプレゼントして、写真を撮ってもらってきて下さい」
英語、無理だ…誰か日本語のわかりそうな外国の方は??と探してたところをヲタさんに「あそこの方に声掛けに行きましょう」と誘っていただいてついていく
ヲタさん「××~(流暢な英語)」
欧米の方「OK!」
(隣の方に)俺「みーとぅー!ぷれぜんと!」
隣の欧米の方「OK♪」
無事写真を撮ってもらえた。
IMG_73fdvx

ちょうど配布できたころ、別の・ちゃんたち(永永無窮ちゃんと唯一無二ちゃん)がドッチボールやる人を探してたのでよく理解しないまま参加してみる。
ルールは、ヲタクで2人の・ちゃんとスタッフさんを円形で囲む。逃げるスタッフさんにボールを当てるとポイントGET。
ただし、2人の・ちゃんはスタッフさんを守るように動き、・ちゃんに当ててしまうとゲームオーバー。
2分以内に2回当てたら合格。
ヲタク4人で参加。
ボールは柔らかくて大きなボール。
全然思い通りにキャッチできないし投げられない。
あれ、こういう大きいボールってどうやって投げるんだっけ?
早々に諦めアシスト役に徹しようと切り替えるも、パスもへなへな過ぎて何の役にも立てない。
「あれ?これ無理じゃね?」と思ったところで隣のヲタさんが豪速球を投げて当てるファインプレー。
あまりにナイスな投球にみんな大歓声に沸いてる中、当たったボールが目の前に転がってたのでそのまま無防備なスタッフさんにぶつけた。
え、それアリなの?、という空気が一瞬流れる中、スタッフさんは有効を宣言。
その結果、記録はなんと57秒。一分以内ということでさらにボーナスポイントがもらえた。
後から考えるとこのボーナスポイントが大きかったようだ。
_DSC0688

CDプレゼントのクリアも、ドッチボールのクリアも、どちらも次の指令は「上野のアイドルに会いに行け」だった。
上野のアイドルなんてパンダ以外ないだろ、と全会一致で動物園に向かう。
入口まで行って気づいたが、当たり前だけど動物園の入場には入場料がかかる。大人1人600円。
「さすがに有料エリアにはいないんじゃない?」
「でも最初のボートも有料エリアだったし、ないとは言えないよね」
「上野のアイドルって言われてパンダ以外ないしここしかないでしょ」
「俺、上野動物園入るの初めてだ」
一応パンダ以外に上野のアイドルがいないか検索してみるけど、出てくる情報は上野優華さんとか、アメ横にあるあまちゃんの劇場くらい。エリア的に違うので、覚悟を決めて動物園の入場券を購入。
入場すると、なんとすぐに・ちゃん(千射万箭ちゃん)とスタッフさんが立ってた。
早速QRコードを読ませてもらうと、次のお題は同じ「上野のアイドルを探せ」
どうやらここは違う問題の答えだったらしく、上野のアイドルは動物園の中ではないらしい。
マジかよ、と落胆するも、スタッフさんから「ここに来た方には特典で・ちゃんと5分間動物園を回れます」とアナウンス。
沸き立つヲタクたち。いつでもヲタクは単純だ。
・ちゃんとおしゃべりしながら動物園を歩く。まだこのエリアにはヲタクが来てないらしく、ずっと待ってたと喜んでくれる・ちゃん。
神イベだなぁ。
五分が終わって・ちゃんと別れてからも楽しい思い出話が尽きない。いやあなたたち永永無窮ちゃん推しですよね笑(俺も)
_DSC0704

そして改めて「上野のアイドル」を真剣に考える。
「上野のアイドル、アイドル…」
「アイドル…偶像崇拝…宗教施設?」
「偶像?像?あっ!あの西郷さんの銅像って上野公園だっけ??」
「確かにそれラスボス感ある」
ということで西郷さんの銅像に向かう。

西郷さんの銅像に向かうと、そこにはやはりスタッフさんが待機していた。
スタッフさんの持つQRコードを読み込むと、次の指令は「西郷さんに向かってケチャせよ」
言われる通りケチャするとスマホの画面に「ポップアップをブロックしました」の表示。
「ブラウザの設定でブロックを解除してもう一回試して下さい」とスタッフさんの指示に従いもう一度挑戦。
無事ジャイロセンサーが反応しキーワードを獲得。
スタッフさんに伝えると、コインロッカーの場所と暗証番号を教えられる。

西郷さんを後にして駅に向かい、ついにコインロッカーに辿り着く。
指定された番号は中央一番下のロッカー。
このあたりで大きなカメラを持ったクルーの人たちも集まってくる。いよいよクライマックス感が出てきた。
わくわくしながらロッカーを開ける。するとそこには・ちゃんからのメッセージの紙が。
用心深いヲタクが開いたコインロッカーの中に忘れ物がないか手を入れて掻き回すと、なんとロッカーの上に・ちゃんのメガネが貼り付けられていた。
紙に書かれた暗号の謎に挑む。
「・をちゃんと見てね」
少し考えた結果、これはさっきのロッカーの天井を見ろってことだったんじゃ?ということでこれらを持って戻る。

最初のライブハウスに戻り、みんなが帰ってくるまで司会の子の質問タイムがあり、そのあとなんか説明があったけどグダグダな感じで終わる。
そんなこんなで一部が終わり、物販。
とりあえず・ちゃんとチェキを一回撮って周りを見るとまだ列は長く続いている。
P_20170624_160326
チェキ撮ったらイベント終わりみたいなところあるよね。蛍の光的な。
暑い日差しの中歩き回ったので疲れてしまい、はやくクーラーのあるところで休みたかったのでライブハウスを出て1人近場のデニーズへ。
これが大失敗だった。
しばらく1人で食事していると、物販終わったのかオタクがたくさんデニーズに入ってきた。
「あれ?コウイチさんこんなところで何やってんですか!?」
「ああお疲れ様です。先に食事してました」
「そんなことより優勝ですよ」
「え?発表あったんですか?おめでとうございます!」
「じゃなくてコウイチさんが!」
「えっ?」
「俺とコウイチさんが同点で一位だったんですよ。それでコウイチさんいないから、俺と・ちゃんでジャンケンして、俺が負けたから優勝がコウイチさんになったんです」
「え?マジすか??」
まさかのデニーズでの優勝発表。物販の後もイベントは続いてたみたいだ。
やってしまった。

カメラもたくさん回してたのに、山場の結果発表で優勝者が居ないって事故だよね。どんな空気だったのか怖いからこの辺は詳しく聞いてない。
完全に結果発表は二部だと思い込んじゃってた。すみませんでした。<(_ _)>

二部のあと、物販のときにスタッフさんから優勝賞品をいただいた。
P_20170629_232106
メッセージ入りTシャツに、グッズの靴下、チェキ券、サイン入りのお菓子。
ほとんど活躍せずただ常連の方についていっただけで優勝してしまい大変申し訳なさ。

それにしても楽しいイベントだった。
こんな手の込んだイベントができるドッツのすごさ。
本当に楽しい企画をありがとうございました。


原駅の噂は聞いていたものの、気づくと先着が終わってたり抽選制になって外れたりしてて、ようやく初めて見れたのは10月24日の夜公演だった。
当日の席抽選で、初めて引いた席がA1-3。
今思えばこのときから馬場夏美推しになるのは宿命づけられていたんじゃないかと思う。

初めて見た公演は最初から最後まで驚きの連続だった。
溢れるほどの情報量に頭の処理がまったく追いつかず、ただただ圧倒されてるうちに演目が進んでいった。
ようやく我を取り戻したのは終盤のレインボートーク(MCコーナー)。
それまで本当にただただ混乱しかなくて、トークパートで一息つけてステージを見る余裕ができてきた。
そして、次に始まったのが選抜曲の「Can't stop my dreamin'」
ようやく公演を楽しめる余裕が生まれてきた自分の前に立ったのが馬場夏美さんだった。
この子めっちゃ可愛いなーと思って見てたら、こっちの目を思いっきり捉えてレスの嵐。
初見で完全に持って行かれた。
家に帰ってメンバー写真を見て、あの子が馬場夏美さんだったっていうのを知る。
とにかく早くもう一度原駅に行きたくて、なんとか先着発売で11月6日の公演を取る。


二回目の原駅がその11月6日の公演。
座席ビンゴの引きはA1-1。
このときは当然知らなかったが、馬場夏美ポジションの最高の席。
一曲目の選抜曲、「Can you hear my voice?」。
馬場さんどこに居るかな、と思って見てたらセンターステージに歩いて来る。
自分の目の前を通り過ぎてセンターステージへ、と思ったら馬場さんがサッと振り返り自分の真っ正面で止まる。
自分の眼前、わずか数センチの手を伸ばせば届く距離にゼロズレであの馬場さんが自分の方を向いている。
こんな偶然ってあり得るのか?と戸惑いながらも覚悟を決めて真っ正面から馬場さんをガン見する。
それに気づいた馬場さんが自分の目をはっきり捉えて離さないまま踊り歌い続ける。
捉えた目はまったく離さない。
この世界に自分と彼女しかいないような感覚。
いままでヲタクして見てきたレスとはまったく本質が異なる。
ああ、これがよく言われるガンギマリか、とこのとき気づく。
何年もドルヲタやってて初めて知った感覚だった。
その後もことあるごとに馬場さんが目の前に来る機会があって、その度に心臓が止まりそうになるくらいの緊迫した時間が過ぎていく。
そして最後の「HARAJUKU駅前Stageで会いましょう」で彼女がすぐ目の前で止まる。
後方腕組み系ヲタクだった理性は吹き飛び100%キモヲタ全開でレスを奪いに行く。
そんな地獄絵図に彼女はニコッと笑顔で答えてくれる。
完全に馬場さんの虜になった。
これがアイドルでこれがヲタクなんだ、とこのときふと思った。
11月6日。自分が真の意味でアイドルヲタクになった日。馬場さん推しを決めた日。
公演が終わっても興奮状態が覚めずに全然眠れなかった。
馬場さんに早く会いに行きたいということだけを考えてたが、次の公演の抽選が全落してたことを知り絶望する。

翌日、「おはようボイスメッセージ」が馬場さんだった。
このときのボイスメッセージは今も目覚ましの音に使ってる。
この日は土曜日でベルエポックで別のライブを見てたんだけど、昨日の興奮がまったく冷めず居ても立ってもいられなくなって途中で抜け出し当日券狙いで行ったら当たった。
しかし馬場さんは休みだった。当時、馬場さんは土曜の昼公演は休みが多かったようだ。
馬場さんのいない原駅も素晴らしいステージだったけど、脳が溶けるようなあの感覚はなかった。

この頃はとにかく馬場さんに会いたいのに、いつ入れるかわからない不安と毎日戦ってた。
当日券にチャレンジしてはハズれて肩を落として帰った。 
当時はまだ個人グッズも発売前だったので、馬場さんに何とか推してる気持ちを伝える方法を考える。
ジャニーズのファンの人がYouTubeで公開してる動画を見ながら、オリジナルのうちわ作成に取り掛かった。

そして、友人が当ててくれた11/15の夜公演
この頃ついに個人名の入ったタオルとTシャツが発売される。
うちわ作った意味ないな、と思いながらタオルを購入。
C1-8だったけど、一曲目のキャンユーで馬場さんの名前入りタオルを広げたら気づいてくれて、去っていくときにウィンクをしてくれて高まる。
Aのときに何の曲か忘れたけど、目の前に来たときにうちわを出したら「あっ!」って指差して反応してくれて、その後はズレた位置でも激レスの嵐で忘れられない想い出になった。

そうして始まった馬場さん推しの日々。
もう一回A1-1に座れたり
レインボートークでTシャツ買え、と言われて即買ったり(当時はライジングフェスで手売りあるかもと噂があり買い控えてた)
ピンク休演のときにレインボートークで馬場さんメインのコントあったり
黒ひげ危機一髪でAに賭けた人だけのAの限定ステージが見れたり
A単独をB2-8のステージ最前で見れたり
ライジングフェスで初の大ステージを見れたり
「馬場抜き」「馬場は何しに日本へ」「ババノイア」「ガチメモり」などの馬場さん中心のMC見れたり

2回目のA単独公演では、馬場さんがサインボールを手渡ししてくれた。
原駅はわりとメンバーからヲタへチェキやボールなどのプレゼントが多い現場だけど、馬場さんが何かを渡してるのを見たことがなかったので自分にとっては超レアだった。
本当に嬉しかった。
(ちなみに竹芝でも、自分を見つけた馬場さんがサインボール投げてくれたけど届かなかったこともあった)

そんな幸せな日々の中、赤坂ブリッツで行われた『赤坂駅前ステージ』でAとふわふわのデビューが発表された。
もう一人の推しになっていた松崎梨央ちゃんが入っていなかったのがショックだったけど、やはり馬場さんのいるAがデビューするのは嬉しかった。
遂に馬場さんと接触することができる。

そして3/12@東京国際フォーラム
5ヶ月推してきて初めての接触
ドルヲタやってきてこんな経験一度もなかった。
全力で5ヶ月推して、それからやっと接触って。
どれだけ緊張するか。
最初は何から話そうか。
ずーっと悩んでた。
この頃のレギュレーションは個握5秒。
短すぎる会話時間なので会話は1ターンくらいが限界。
きちんと話すことをまとめていかないといけないので、最初の一言に何を言うかはかなり悩んだ。

そして緊張の初接触。
俺「馬場さんのファンです。」
馬場「いつも応援ありがとうございます。コウイチさんですよね」
俺「名前覚えてくれてるんですか?」
(剥がし)
すぐに二回目に並ぶ
俺「なんで名前わかったんですか?」
馬場「いつもリプくれてるじゃないですか」
(剥がし)
正直びっくりした。
いつもレスくれるので顔は覚えてくれてたとは思ってたけど、名前まで覚えてくれてるとは思ってなかった。
レスとか認知とか、本当にどうでもいいと思ってた人間だったけど原駅に来て変わってしまった。
馬場さんの握手は何回行っても本当に楽しかった。
興味深かったのは、馬場さんの握手列は開始時は他メンバーと比べて決して長くないんだけれど、終わる時間は決して早くなかった。
恐らく馬場さんとの会話が楽しくて何回も並んでしまう人が多かったんだと思う。
馬場さんは本当にヲタクのことをよく見てた。
しかし個握最終日にはこんな会話もあった。
俺「原宿駅前に初めて行ったときから馬場さん推しになったよ」
馬場「端っこの席だったときでしょ?」
俺「あ、それ二回目のときだ」
馬場「一回目は?」
俺「A1-3だった」
馬場「あれ?わかんない」
(剥がし)
俺「それで一回で馬場さん推しになって、二回目に行ったのがその端っこのときだったよ」
馬場「うんうん」
俺「A1-1だった。馬場さんと対面になる席でヤバかった」
(剥がし)
俺「それで完全に固まって三回目で馬場さんのうちわ作って行ったんだよ」
馬場「そうそう!」
俺「ってこれ全部覚えてるの?」
馬場「覚えてる。嬉しかった。」
(剥がし)

驚くことに、彼女は11/6の公演のことを覚えててくれたんだ。
そのときはタオルもうちわも何もないのに。
目線だけで自分の推しだってわかって、認知してくれてた。
本当にびっくりした。
馬場さん推しで良かったと思った。

そんな感じでリリイベは楽しんでいたものの、馬場さんの出る劇場での4チーム公演はその希少価値から倍率が異常に上がってずっと入れてなくなってしまった。
とにかく苦労して、なんとか一ヶ月半ぶりに入れた公演が4/8(金)。
結果的には馬場さんの最後のステージだった。
この日自分で引いた席はC3-1で、馬場さんはほとんど見れない席だったが、友人がB3-4と交換してくれてたちまち神席になった。
この席に交換してくれた友人には本当に感謝してもし足りない。
原宿駅前ステージの最後の曲、「HARAJUKU駅前Stageで会いましょう」の馬場さんのレスは、BだとB1-1、B2-1、B3-1、B4-1あたりにいくことになるのが通常。
馬場さんは上記席の自分の推しや新規を優先的にレスしていくスタイル。
だけど、この日はわざとレスをずらしてB3-4の俺にずっとレスをくれた。
確かにレスポイントに馬場推しがいなかったのかもしれないけど、新規に行かずズラしてまで自分にレスくれたのにびっくりした。
ただ、このときは「そこそこ馬場さんの個握には行ったし、お礼のつもりなのかな。馬場さんいい子だな」くらいの感覚だった。
そして最後の全体挨拶のとき、馬場さんだけお辞儀の時間が異常に長かった。
これらの意味を知るのはまだだいぶ先になる。
公演が終わり、感想とお礼を言いたいなと思って馬場さんの公演後のツイートを待つ。
この日、Aのメンバーの多くがかなり遅くまでツイートがなかった。
そして馬場さんのツイートは結局あがらず、そのままツイートは途絶え、リリイベでも公演でも休演情報に名前が連なるようになった。
何もわからないまま二ヶ月が過ぎ、5/31に「都合により」契約が解除された旨が告知された。

アイドルである以上、卒業などの別れは仕方ないものだってわかってる。
できれば最後に笑顔で送り出してあげたかったけど、あの子が幸せな大学生活を過ごせているなら、それが一番なのかな。

馬場夏美さん、いままでありがとう。
馬場さんを推してきた約半年は本当に濃い日々だった。
幸せな想い出をたくさんもらった。本当に楽しかった。
これからどうなっていくのか自分にはわからないけど、貴方に幸せな未来が訪れるように陰ながら祈ってます。 
image

この日は虹のコンキスタドールと愛乙女★DOLLの合同リリースイベント
撮影可だったので撮らせていただいた写真をアップしていきます。
もう色んな人が素敵な写真をあげてくれてるので今更アレですが、自分がメンバーの名前を覚えるためです笑


愛乙女★DOLL
th__DSC5520
th__DSC5807
らぶどるはあまり知らなかったけどこの二人が気になった。ほとんど見たことがない一見でも楽しめるステージだった。


そしてお目当ての虹のコンキスタドール
th__DSC6229
この下の写真の奥村さん(左)の表情が好き
th__DSC6171
th__DSC6503
th__DSC6624
th__DSC7211
th__DSC7223
th__DSC7230
虹コンの楽しさが溢れるライブだった。

ちなみに当日撮って出しでアップした写真の中でふぁぼやリツイが圧倒的に多かったのはこの写真でした。歌詞もそうだけどこの世界観はズルい(あくまで褒め言葉です)
th__DSC6535


続いてメンバーの個別写真を。

根本凪さん 虹コンのセンターなのかな?この子のキラキラ感がすごい。
th__DSC6454

鶴見萌さん なんといってもそのスタイルが抜群過ぎてスゴいですね。女の子から憧れられるアイドル感。
th__DSC6114
th__DSC6815

長田美成さん この日初めて虹コンのCDを買ったらこの子のチェキが当たったので気になってる。えくぼが可愛い。
th__DSC6222
th__DSC6368

伊藤有香さん 公式見たら予科生?という位置づけなのかな。絆創膏に萌える。
th__DSC6226

的場華鈴さん 目線ありがとうございます。ツインテールが素敵。
th__DSC6255

木下ひよりさん 何となく虹コンの中で一番大人な人の印象なんだけどどうなんだろう。癒やされそうなので次はちゃんと話してみたい。
th__DSC6469

奥村野乃花さん この子の表情の変化が面白すぎたし、握手会でも面白かった。キャラ濃そう。
th__DSC7480
th__DSC7588

そんなこんなですっかり楽しんでしまった虹コン現場。また行きたい。 

この日はPeach sugar snowを卒業し、ソロ活動を決めた桃香ちゃんの生誕・ソロデビューライブ。

会場にはファンからのお花が。よく見るとチューリップには桃香ちゃんの顔が印刷されてる。
th_P_20150620_141612

トップバッターはFUJI△PASSION。元気いっぱいのステージ
th__DSC4041

FUJI△PASSIONのライブで恒例の寸劇?タイム
th__DSC4079

主役の桃香ちゃんを呼び出してみんなでお祝い。
th__DSC4103

こう並んで見ると、かつては桃香ちゃんもFUJI△PASSIONでステージに立ってたことが俄に信じられない
th__DSC4105

次は桃香ちゃんの一番の親友。classic fairyの愛香ちゃん
th__DSC4432
th__DSC4179
th__DSC4251
th__DSC4252
_DSC4364
愛香ちゃんが桃香ちゃんの誕生日を祝って送った手紙は感動的でした。

そして桃香ちゃんからPSSを託された、Peach sugar snowあいなちゃん。
th__DSC4607
th__DSC4628
th__DSC4692
th__DSC4708
大きな話がどんどん決まり、今年の台風の目になりそうなPeach sugar snow。これからの活躍が楽しみ!

そして、この日のメイン桃香ちゃん。
th__DSC4768
th__DSC4839
th__DSC4996
th__DSC4973
th__DSC5079
th__DSC5136
 「東京女子流さんやE-girlsさんみたいな曲をやりたい」という本人からのリクエストをもとに小林清美先生が作った曲を披露。
初見の感想としては「昔懐かしい全盛期のJ-POP」を感じました。聴きやすいし、すっと入ってくる感じ。清美先生の曲では珍しく、自然と沸ける曲。KM現場ではヲタ側が嫌がっていたMIXも自然と入ってた。
個人的に一番驚いたのは、桃香ちゃんがこんなにも笑顔で歌ってたこと。PSSのときは曲調に合わせて悲しい顔を作ってることが多かったので、まるで別人を見てるんじゃないかという錯覚があった。

これからのK&Mミュージックも楽しみ。 

ミルクスショーvol.16
■日時5/20(水)
■会場KRAPS HALL
■開場18:30 / 開演19:00
■料金 前売 ¥1,000 /当日¥1,500
だいぶ時間が経ってしまったけれど、5月の定期の写真をメンバー毎にアップしました。
来月は8ヶ月ぶりの東京遠征。TIFにワンマン2daysと楽しみ!

澤田樹(いっちゃん) th__DSC9995
th__DSC1024
th__DSC0183

小林渚(なぎちゃん) th__DSC0168
th__DSC0691
th__DSC0260
th__DSC1140

池田優花(ゆかフィン) th__DSC0159
th__DSC0593
th__DSC0682
th__DSC0928

斉藤梨々子(りりちゃん) th__DSC0152
th__DSC0214
th__DSC0685

渋川紗有実(さゆみん) th__DSC0255
th__DSC0618
th__DSC0676
th__DSC0909

ミルクス th__DSC0747
th__DSC0274
セットリスト
1.君はハイティーン
2.スキラ☆キラキラ
3.Sapporo De-Su-Yo-Ne
4.もういっかい!
5.Challenge!!
6.未来をつかもう
7.渚にまつわるエトセトラ
8.ミラクルスマイル
9.純情ロマンチック
10.We are Milcs!~まさに悩めるこの世の救世主!?
~アンコール~
11.ワンダーガール

3人体制から1人になったPeach sugar snowの新作「さよなら惑星」のリリースイベントで名古屋から大阪へツアー実施
ライブで撮らせていただいた写真を中心にアップします。

6月6日14時〜
タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
th__DSC3888
th__DSC3898

6月6日17:35〜 Live & Lounge Vio
HighLisk 2015
th__DSC3913
th__DSC3928
th__DSC3929
th__DSC3955
th__DSC3963
th__DSC3971

6月7日13時〜
タワーレコード梅田NU茶屋町店
th__DSC3992
th__DSC3996
th__DSC4004
th__DSC4018
th__DSC4029

おまけ 見切れる清美先生
th__DSC3997


諸事情によりバスツアーの写真はアップしてないけどすごく楽しかった。
ハコムスのバスツアーのバズり方に便乗して、#乗ろうよきよバス などのハッシュタグを使って参加者でレポしてたので良かったらそちらを検索して下さい。
一泊二日で山梨→名古屋→大阪→山梨と回る強行軍だったけど、本当に楽しかった。あいなちゃんも先生お疲れ様でした。

でんぱ組.inc開港祭スペシャルLIVE
2015/05/31 (日) 18:50 開演
@臨港パーク (神奈川県)
横浜開港祭でのでんぱ組.incのフリーライブ。

でんぱ組の前は、キッズダンスコンテストが行われてた。
そして、ダンスコンテストのゲストとしてJ☆Dee'Zが登場。
th__DSC2653
最前は関係者、続いて中盤エリアは朝から炎天下の中場所取りして憔悴しきったでんぱヲタという非常に盛り上がりにくいシチュエーションだったと思う。
それでもノッてくれてる人を見て喜んだり、満面の笑顔で素晴らしいダンスを披露したりとアイドルとして100点満点なパフォーマンスをして、最終的には自分の周りの人たちもみんな大歓声をあげてた素晴らしいステージだった。


でんぱの出番前に最前の関係者エリアが取り払われて前に詰める。
これだけの人がいると見えないよなぁと思ってたら、前は座ってみるようにアナウンス。
「後ろ振り向いてください。立ってる人がいるでしょう?じゃあ座りましょう。もし立ちたかったら一番後ろに回って」というアナウンスで、見たい人は前で座り、沸きたい人は後ろで立つという陣形になった。
お陰でこの人数のフリーライブなのに圧縮もなく、ちゃんとメンバーが見えるという最高のステージになった。
th__DSC2680


でんぱ組メンバーが登場。大歓声が巻き起こるも、「でんぱ組inc、リハーサル始めますー」と普通にリハーサル。この規模でもリハーサルやるんだね(笑)
th__DSC2691

でんぱ組.inc開港祭スペシャルLIVE セットリスト
1.でんぱーりーナイト
2.ダンスダンスダンス
3.NEO JAPONISM
4.Future Diver
5.FD2~レゾンデートル大冒険~
6.イツカハルカカナタ
7.おつかれサマー
8.ちゅるりちゅるりら
9.でんでんぱっしょん
10.ORANGE RIUM
11.バリ3共和国
12.でんぱれーどJAPAN

以下、撮影フリーだったので撮らせていただいた写真をアップ。 th__DSC2742
th__DSC2765
th__DSC2779
th__DSC2844
th__DSC2866
th__DSC2876
th__DSC2998
th__DSC3041
th__DSC3082
th__DSC3086
th__DSC3103
th__DSC3109
th__DSC3135
th__DSC3151
th__DSC3153
th__DSC3173
th__DSC3240
th__DSC3243
th__DSC3270
th__DSC3272
th__DSC3273
th__DSC3292
th__DSC3296
th__DSC3309
th__DSC3365
th__DSC3378
th__DSC3395
th__DSC3397
th__DSC3438
th__DSC3465
th__DSC3486
th__DSC3491
th__DSC3498
th__DSC3523
th__DSC3538
th__DSC3543
th__DSC3562
th__DSC3566
th__DSC3571
th__DSC3580
th__DSC3582
th__DSC3583
th__DSC3587
th__DSC3590
th__DSC3602
th__DSC3629
th__DSC3685
th__DSC3710
th__DSC3720
th__DSC3731
th__DSC3745
th__DSC3753
th__DSC3778
th__DSC3784
th__DSC3792
th__DSC3793
th__DSC3806

始まるちょっと前に来たのに、フリーライブでこれだけちゃんとメンバーが見えて、撮影もフリー、それでいてがっつりと12曲もやってくれて最高なライブだった。
セトリも本当に好きな曲ばかりで、本当に楽しかった。
写真を見ながら、ずっと思い出に浸れるのも素晴らしいね。
順番が前後しちゃったけど、1日目の写真はまた別記事でアップします。